So-net無料ブログ作成
検索選択

お化粧に対する考え方の変化 [コスメ]


女性の大半が10代の後半くらいからお化粧をすると思いますが、そのテンションというのは年と共に変化しているように私は思います。

10代の頃というのは兎に角お化粧をするのが嬉くて、でもお小遣いで購入することが出来るものなんて限られていたので、色つきのリップなんかでもドキドキしました。

それで20代になったら少々手馴れてきて、上手に化粧が出来るようになり一番楽しい時期なんですよ。
可愛くなりたい、キレイになりたいという気持ちからせっせとお化粧をしていました。

 しかし30代になってからは勿論可愛くなりたいとかキレイになりたいという気持ちはありますが、どっちかというと義務化してきたというか現状維持の為の化粧なんです。
あとは隠す為ですね。目の下のクマとかあとはシミとかシワとか見たくないものを見ないで済むように隠すんです。

 私は今30代なんですが、昔の方が楽しんでお化粧や肌の手入れをしていたななんて思います。
ですがコーセー米肌なんかを使用して美容対策は絶対に怠らないようにしています。
そんな事をしたら明日のわが身に跳ね返ってきますからね。必死さでは今の方が上ですね。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。